あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、母になる準備中〜

2016→2017

f:id:masami11662277:20170101223718j:image

あけましておめでとうございます。

ブログの更新が滞ったまま年を越してしまいました。

久しぶりの更新で数ヶ月を凝縮した長文になるかと思います。

お時間のある方や興味のある方が読み進めていただければ幸いです。

2016年11月からはじまり 

今年の大きなイベント、人生のターニングポイント、それは11月でした。

入籍をして、引っ越しをして、新たな環境での生活が始まったのです。さらに仕事量は年度末に向けて増えています。私の人生史上トップの忙しさですね。

気持ちだけ忙しいならば、温かいお風呂に入ってリラックスします。音楽を聞いたり、本を読んだり、写真を撮ったり、趣味を充実させます。

時間に追われているなら、たくさん食べて体を休めて質の良い睡眠を取ります。残業をしないで真っ直ぐ家に帰ります。

 

プライベートについては、良い意味で気持ちが浮ついてました。「あれもやりたい、これもやりたい」「あれも欲しい、これも欲しい」色々な願望が忙しなく浮かんできます。環境の変化って、心身ともに大きなプレッシャーを与えるんですね。今回のことで実感しました。良くも悪くも。

 

仕事については、今年一年が重大な一年なので忙しくなるのは分かっていました。しかしながら、仕事をやってもやっても終わらないという蟻地獄のようなトラップにはまります。人と関わる仕事には、ある意味で終わりがないので難しいですね。とりあえず3月末の区切りまで、猛ダッシュで走り続けている途中です。さらに難しいのは、一人でやっているわけではないので予定通りにいかないということ。今年の課題となっています。

 

仕事もプライベートも駆け足で、だけど浮かびながら飛んでいて、地に足付いてないまま過ごしているように思います。

 

年末に考えていたこと

今までブログって続かなかったなーって思っていました。また今回も途中で飽きてしまうかなーって。

時々Twitterを開いたり、ブログを開いたりするけれど、文字にしたい言葉が浮かばずに時間が過ぎていく日々だったのです。

 

以前ストレングスファインダーをやってから、私の一部に「内省」があることを意識するようになりました。歩いていると何かひらめくように、通勤電車の中でブログを執筆するように、何かをしながら考えることが自然な行動でした。しかしながら、歩くことと通勤電車の乗車時間が減ったことで「内省タイム」が激減したのです。

 

さらに時間が経つと考えを言葉にしようと「形にしよう」と思う気持ちも減ってきました。そして、いつの間にやらブログが滞っていました。

 

それでも、気になるブログをチェックして保存して共感する記事を集めることは、変わりませんでした。

 

環境の変化と興味の変化

写真、ブログカスタム、キラキラ100選、ごはん等、興味のあることを記事にしてきました。それは、私の好きなものばかり集めたことで、更新が続いたからです。(キラキラ100選なんてまだ半分にも達していませんが)

 

その枠組を作ったのは、私です。2016年初期の、私です。どれも書きたいことがたくさんあって、言葉にして残していこうと思っていました。

 

しかし入籍して引っ越しをして、目に留まるブログは今までと違います。料理や片付け収納、整理術、家具や雑貨等がメインのブログばかり集めるようになりました。

 

このブログに載せるには方向性が異なる、と思い始めたらもう考えるのを止めていたのです。ブログにしたいことが浮かんだら、また更新すれば良いと思ったのです。

 

悩んでいません

ただ考えているのです。今後の方向性と自分のポジション。私のやりたいことってなんだろうって。

 

去年の今頃と同じことを考えている気がします。「私のやりたいことってなんだろう」って気持ちが浮かんで、色んな人の話を聞きに行って、刺激をもらって、写真教室に通う一歩を踏み出しました。

 

年末になるにつれて、考えがぶれてきてました。いえ、優先順位が変わったんです。そうです。自分がやりたいことっていう考え方ではなく、「一緒にやりたいこと」「一緒にいたい未来」を考えるようになっているのかもしれません。

 

なんだか難しいこと言ってますね。でも、きっと単純です。いつも進むきっかけは「ワクワクする道」ですから!

 

続かないものと続くもの

日記も手帳も続かなくなります。なぜでしょう。飽きるから?

過去を残す必要がないと思うからなのでしょう。多分。

 

だとしたら、未来へのエールを残しておくことにします。楽しいことを待ち遠しく想う気持ちを残しておきます。一年後に振り返ったら、ニヤニヤしてしまうような楽しい想像をたくさん膨らませて、記録していくのです。

 

最後まで見てくださった方、ありがとうございます。

どうぞ本年もよろしくお願い致します。

 

2017年1月元日 あると

 

広告を非表示にする