あるとたたん

あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

水溜りと黄色と明るさ調整

f:id:masami11662277:20161104131507j:image

 

何かを意識して撮るという共通の感覚はまだ無いので、毎回色の調整をしていると色んな雰囲気になります。

 

調整する前

f:id:masami11662277:20161031212850j:image

雨の日に撮ったので、全体的に暗い雰囲気です。

 

落ち着いた雰囲気にしたいとは思っていましたが、もう少し明るくても良いかなと思い、露出や明るさを調整していきました。

しかしながら、ただ全体を明るくするだけでは水溜りの深みもタバコの吸殻もボヤけてしまい、イメージと合いません。

 

そこで色味を調整したところ、後ろを走る車の黄色が水溜りに浮かび、全体的に明るくなったのです。

 

明るさ≠露出

色味で出る明るさがあることに気づきました。明るい色が加わることで全体的な明るさが出る、露出で白くしなくても良い、という言葉にすると技術として身についた気分になります。

 

色々な技術を考えて使えるようになりたいです。

広告を非表示にする