あるとたたん

あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

015.桔梗信玄餅

f:id:masami11662277:20161004225515j:image

 

物心がつく頃に母の友人の家へ遊びに行くと、いつも桔梗信玄餅をもらっていました。いつもと言っても恐らく二、三度程度だと思います。

 

初めてのときは、餅に別容器で付いているの黒蜜をかけることを教えてもらいました。普段食べたことのないもの、自分で黒蜜を掛けることができるもの、とても興奮していたと思います。

 

東京育ちの私には桔梗信玄餅の特別感が残っていて、大人になってお土産にもらうと他のどんなお土産よりも感動していました。さらに、家族で分け合うと一人一個しか食べられないので、とても貴重な存在でした。

 

自分が旅行に行くようになり、お土産に桔梗信玄餅を買うことがありました。家に持って帰り家族と一緒に食べるのですが、何か物足りなく感じているのです。

最近、また旅行のお土産に買って帰ることがありました。彼と二人暮らしになったので一人で一個以上食べられるのに、感動が無くなっていました。

 

私が感動していたのは、誰かかお土産としてもらう滅多に食べられなくて一人一個だけの桔梗信玄餅だったのです。大人になってすぐに手に入るようになり、いくつも食べられる状況になって、感動は薄れてしまいました。

 

それならば今度は反対に、その感動をあげられる人になりたいと思いました。

広告を非表示にする