あるとたたん

あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

写真に込めた想いを伝えよう


(自宅の洗面台:NEX-5R)

 

言葉で説明するということ

写真には、撮った人の想いが表れている…撮った人は写真に込めた想いを言葉で伝えて良いのだそうです。想いがあるなら語れるはずだ!と言わんばかりに、写真家たちは語ります。

語りたい人は語れば良いし語りたくない人は黙っていれば良いと思いますね。

ただ、受け取るほうは撮影した人の思いがあると忘れないでほしいです。勝手な解釈で作品を乱さないでほしいです。

だから、私は自分から話します。黙って感じろ!なんて不親切なことは言いたくありません。私の考え、想いを込めて写真を見てもらいたいので、言葉も一緒に紹介していきます。

 

こだわりの場所探し

アイキャッチ画像の写真は「水のある景色」という課題で撮影しました。

川、海、プール、噴水…水のある景色は色々あるけれど身近な場合で水を探したいと思っていました。そこですぐそこにある洗面所で撮影することに決めたのです。

 

試行錯誤の一枚

洗面所の蛇口を捻ったり、止めたり。水滴を飛ばしたり、ライトを当ててみたり。初めて自分で環境を作り、イメージする写真を作りました。水はキラキラふるものだと、洗面所にもキラキラはあると、伝われば良いなと思います。

広告を非表示にする