あるとたたん

あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

コトバログ

自分の好きなところを考える

今までの人生において、受験や就活など「自分の長所」「アピールポイント」を意識する機会はありました。しかしながら「自分の好きなところ」は考えてみたことがありません。 中高生の頃に比べたら、自分のことが好きになっている気がします。でも、どこが?…

育児日記で伝えたい想い

育児日記を毎日付けるようにブログも毎日更新したいと思っているのですが、なかなか出来ません。優先順位が低いというのもありますし、書き始めたらガッツリとした量を書こうとしてしまうからです。 少なくても良いから、今日の出来事や考えたことを残してお…

貰った言葉、記憶の中の言葉

幼少期の頃から、人から言われた言葉に対する意識がとても強いみたいです。「言葉に対する意識」ってなんだろう?って思いますよね。私もなんて言葉で表現したら良いのか分からず、こう表現してみました。 人生の分岐点ってほどでもない小さな出来事、でも迷…

やりましたリスト2016−2017

▼やりましたリスト2016上半期 alto.hatenablog.jp 以前、やりましたリストを作ると決めたのですが、その後の更新が滞っていました。ちょうど1年経過しているので、振り返りを兼ねて記録しておきます。

好きなブログのまとめ記事がオススメ

いろんなブログがあるなかで、「好きなブロガーさんがまとめたオススメの記事は、だいたいハマる」法則です。 ▼まさに、今回のまとめ記事は更に好きなブロガーさんを見つけるきっかけになりました。 【週末雑記帳2017年第12号】スタバで手帳。休日のタスクを…

仕事と母になる準備期間

2週間ほど前に妊婦健診に行き、「折り返し時点ですね」と言われました。もう半分が過ぎたというのですが、お腹が大きくなり始めたのはここ最近。あと半分だという実感が全然湧いていませんが、ふと振り返ると周りの人と関わる中で、少しずつ気持ちも母にな…

2016→2017

あけましておめでとうございます。 ブログの更新が滞ったまま年を越してしまいました。 久しぶりの更新で数ヶ月を凝縮した長文になるかと思います。 お時間のある方や興味のある方が読み進めていただければ幸いです。

素敵な人たちに囲まれ感動しているところ

私の自慢は、素敵な人たちに囲まれているということ。高校生の頃から公言しているのですが、いまだに変わらないですね。今も周りにいる人たちは良い人ばかりです。だから私はいつも色んなことを教わっています。そして見習わなきゃって思いながら、幸せ者だ…

新発見!写真で絵を描く方法

地下鉄の壁面に小学生の描いた絵が貼ってあります。遠足の絵や消防車の絵が定番でしょうか。最近見た壁面の絵に、私は感激しました。写真の新しい使い方を知ったのです。

どうして写真を公開したのか

「どこかで見たことのあるもの」だから親近感を覚えたり、安心感を得たりすると思います。初めて見て刺激を受けるのも良いけれど、私が与えたいのはそういうことではないと考えています。

忙しい人、大変な人へ向けてポジティブになる言葉

「大きく変わると書いて大変なんです」と、言った人もいました。「忙しい」や「大変」と口にした時には、ぜひ思い出してみてください。

初めて岩手県に行ってこの目で見てきた

写真は最終日の岩手山。厚い雲に隠れていますが、隠れてもなお存在感のある麓。雨が降りそうなだな、とカメラを構えていると予想通り夕立になりました。

できないから見えるもの

「私はできないけどあなたにできるもの」って分かりますか?私には分かりません。でも、ブログ仲間のおんこ(id:simple25best)さんには分かるのです!!

写真に込めた想いを伝えよう

写真には、撮った人の想いが表れている…撮った人は写真に込めた想いを言葉で伝えて良いのだそうです。想いがあるなら語れるはずだ!と言わんばかりに、写真家たちは語ります。

ココナラに出品してみた

自分の好きなことに金銭的な価値があるかどうか知るのが怖いという現実を受け入れ、価値がつかなかったとしてもそれも1つの現実だと知ることは必要な気がしてるので、ココナラ登録してみようかと。自分ができることを500円〜売り出せるサイトです。私は500…

毎日更新すると決めて一週間が経過した

一週間、毎日更新するするという小さな目標を立てました。月曜日始まりの私のカレンダーでは、一週間が経ちました。8月1日に更新しようと思っていた記事を、8月2日に更新する。その分、8月2日は2つの記事をアップすることになりました。

やりましたリストを作る

今まで、やりたいことリストを作ってできたことを消していくことで達成感を味わっていました。しかし、全く考えもしなかった「やりましたリスト」の記事を読んで、私も実践してみることにしました。

恥ずかしげもなく夢を語ってみた

5ヶ月前に夢を現実にしている方たちに刺激され、私は夢を探しました。何がやりたいことか?何ができるのか?と考えたり、周囲からの言葉で気づかせてもらうと、行き着く先は写真なのです。