あるとたたん

あるとたたん

写真好きの前向き日誌〜只今、子育て奮闘中〜

アルバム

蒼が魅せる生活感

新居に新しい仲間。 幼馴染が結婚祝いに贈ってくれた物です。 このなんとも言えない青に惹かれます。

レトロなもの

昔ながら、だけど生き生きしてる。そういう雰囲気の佇まいです。 レトロを演出 調整する前の写真です。フィルムで撮ったようなレトロ感が欲しくて彩度と露出を調整しました。 調整しない写真でも良いかなと思い直して一回リセットしましたが、納得いかなくて…

水面に映る光

水面、好きなんです。 水面、よく撮ってます。

りんごの撮り方

家にあったりんごを一つ被写体にしてみました。りんごを撮るために考えたことは、赤さと丸みを活かすことです。 赤を際立たせる 赤を魅せるために探したものは、白い背景です。家の中の白い壁の前に、撮影場所を作りました。 照明が無くても、スマホのライト…

水溜りと黄色と明るさ調整

何かを意識して撮るという共通の感覚はまだ無いので、毎回色の調整をしていると色んな雰囲気になります。 調整する前 雨の日に撮ったので、全体的に暗い雰囲気です。 落ち着いた雰囲気にしたいとは思っていましたが、もう少し明るくても良いかなと思い、露出…

シンメトリー構図

構図を意識したというより、狙った一枚。 ガラス張りの建物の壁の側でずっと張り込み。人が通るのを撮っていました。 通り過ぎた方がちょうどガラスの中央に来たのと、この背中に惹かれて選んだ一枚。 セピアっぽくしたのも、雰囲気を出したかったから。 講…

模様を切り取る

教室課題「構図を意識した一枚」

見えるから伝わるもの

課題「夏の名残」2枚目。

空を作る

逆光で葉のシルエットを撮ることが多くなりました。今までは順光で葉そのものをそのまま写していましたが、葉によってシルエットが違うことが面白いと思うようになっています。

ミョウガの花

iso感度を調整して撮ったら、写真がヌメヌメになってしまいました。isoはあまりいじらないでおこうと思います。難しい。

考え過ぎた頭の中

考え過ぎて何も書けなくなるときがあります。 記事にしたい考えや思いを言葉にしてみると陳腐に見えてたり、しっくり来なかったり、想像していたものとは違う形になってしまうのです。 そういうときは、あまり考えずに形にしてみてそのまま置いておくことに…

シャッタースピードと夏

写真教室の8月の課題だったら「シャッタースピード」と「夏」の写真について、詳細を記事にします。信号が青になって歩く人と、横切る車が同時に写りました。カメラだから見える世界ってこういうところだと思った瞬間です。

005.奥へ続く構図

撮った写真を見返すと、5割程度の確率で上のような写真があります。道や川や階段、建物。それらを撮るときに必ず1枚以上撮るこの構図。無意識に撮っていることに気づき、私が一番落ち着く構図だと気付いたのです。

シャッタースピードを意識した一枚

東京タワーと増上寺の異質なコラボ。 SONY NEX-5RSONY E3.5-5.6/PZ 16-501/3F4.5iso800pm7:21 #シャッタースピード 車のライトが残像で残るシャッタースピードで、何枚も撮りました。スピードによって残り方が違います。 いくつも撮った中で、たまたま信号が…

写真に込めた想いを伝えよう

写真には、撮った人の想いが表れている…撮った人は写真に込めた想いを言葉で伝えて良いのだそうです。想いがあるなら語れるはずだ!と言わんばかりに、写真家たちは語ります。

夏の木漏れ日

等々力渓谷 SONY NEX-5R SONY E3.5-5.6/PZ 16-50 F5.6 pm2:00 #憧れの地を撮影 数年前に見た一枚の写真が無ければ、等々力渓谷への思い入れも無かっただろう。それほどまでに、たった一枚から受けた印象は強かったということ。そんな一枚の写真を目指して撮…

波紋

等々力渓谷 SONY NEX-5R SONY E3.5-5.6/PZ 16-50 1/20 F5.6 iso800 pm2:43 #iso調整 一度撮ってみたかった構図ですが、水を撮るのは難しいです。