読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるとたたん

写真好きの前向き日誌

もうひとりの自分

f:id:masami11662277:20170205214024j:image

 

私の癖のひとつ。

後悔しているわけではないけれど、「もしあの時あの道に進まなければ、どんな私になっていただろう」と、想像を膨らませることです。

 

いつかの時代にタイムリープしたとして、どんな景色を見るのか、どんな人に出逢い、どんなことを考えているのか。

 

別の時間軸にいる私は、現在、何をしているのか。

 

想像するだけなら、いくらでも可能性が広がるのです。

 

もうひとつの私の物語を想像して、もうひとつの人生を生きている気分になるのです。

蒼が魅せる生活感

f:id:masami11662277:20170122200752j:image

 

新居に新しい仲間。

幼馴染が結婚祝いに贈ってくれた物です。

このなんとも言えない青に惹かれます。

 

あんこ玉

f:id:masami11662277:20170122002754j:image

 

f:id:masami11662277:20170122002800j:image

 

蓋を開けたらピカピカの玉が並んでいたので、写真を撮らずにはいられませんでした。

赤は苺、緑は抹茶、黄色は蜜柑…とそれぞれ味が異なりますが、全て餡子です。

 

浅草へ行ったお土産にくれました。

2016→2017

f:id:masami11662277:20170101223718j:image

あけましておめでとうございます。

ブログの更新が滞ったまま年を越してしまいました。

久しぶりの更新で数ヶ月を凝縮した長文になるかと思います。

お時間のある方や興味のある方が読み進めていただければ幸いです。

続きを読む

はじまりはじまり

f:id:masami11662277:20161122162604j:image

「両手を前に出して、楽しいお話のはじまりはじまり〜」

紙芝居を読むお姉さんは、リズム良く声を上げました。両手を叩く音が会場内に響きます。

子どもたちはドキドキワクワクしながら、紙芝居のタイトルが少しずつ見えてくるのをじっと見つめているのです。

 

はじまりは好奇心とともに

何かが始まる、何かを始める、そういうときって不安を感じる人も多いと思います。

 

でも、私は全く逆。

 

何が起こるか分からない中へ、様々な想像をしながら予想をしながら進むことが好きなのです。

 

中学生のころは理科の実験が好きで好きで、実験のレポートには実験前の予想から考察までびっしり書き連ねたのをよく覚えています。

 

いつでも実験のように…どうなるかな?こうなるかな?違ったなー!今度は?…と楽しんでいきます。

 

独身最後の夜に

f:id:masami11662277:20161122000504j:image

今日は残業して用事を済ませ、終電間際で帰宅。

ここ一週間は、いつになく仕事に追われる日々でした。

 

残業終わりに思わず職場の先輩に言いました。

私「知ってますか?私、明日苗字変わるんですよ!全然実感が湧きません」

 

先輩「そうよね。こう忙しくちゃね。」

 

そういう事を母にボヤいたら、母から言われました。

母「私は結婚式の前日まで働いてたよ」

 

私「え!?入籍じゃなくて式?」

 

母「そう。」

 

私「式って準備とかないの?」

 

母「無かったね」

 

私「親子は似るってことかな」

 

明日からはもっと楽しい人生が始まります。

初めての映画を見るときの気分に似ている気がします。

レトロなもの

f:id:masami11662277:20161107195612j:image

昔ながら、だけど生き生きしてる。そういう雰囲気の佇まいです。

 

レトロを演出

f:id:masami11662277:20161107194215j:image

調整する前の写真です。フィルムで撮ったようなレトロ感が欲しくて彩度と露出を調整しました。

 

調整しない写真でも良いかなと思い直して一回リセットしましたが、納得いかなくてまた調整したものがトップ画です。

 

自分で作ってる感覚が楽しいです。